惑う After the Rain 作品情報

まどうあふたーざれいん

静岡県三島市を舞台にした、ある家族の物語

惑う After the  Rainのイメージ画像1

昭和55年、冬。銀行に勤めるいずみは、結婚式を翌日に控えた夜、母イトから亡き父・誠志郎の願いを初めて聞く。さらに、誠志郎から受けた愛と、今なお溢れる思いを語るイトの言葉に、いずみは心を揺さぶられる。かつて一家は、妹・かえでも含めた四人で暮らしていたが、誠志郎が突如亡くなり、女手一つで娘二人を育てあげた。いずみは父に代わって一家を支えるため、家を出る事ができなかったのだ。そして迎える結婚式当日…。

「惑う After the Rain」の解説

地方創生を目指す静岡県三島市の有志の方々による「みしまびとプロジェクト」が製作した家族ドラマ。さまざまな苦難を乗り越えた家族が、絆や愛をかみしめる姿を追っていく。監督は北野武や黒沢清の助監督を経て、『ふるさとがえり』など、地域に根付いた映画を手がけてきた林弘樹。家族の在り方、日本の家族制度が抱える光と闇を描きつつ、人生の意味を見つめた温かくて深いストーリーは見ごたえ十分。夫の死後、女手一つで子どもたちを育てた母を宮崎美子が演じるほか、しっかり者の長女を『バウンス ko GALS』の佐藤仁美、シングルマザーの次女を『喰女-クイメ-』の中西美帆が演じる。彼女たちが着こなす美しい着物にも注目を。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年1月21日
キャスト 監督林弘樹
出演佐藤仁美 中西美帆 小市慢太郎 宮崎美子
配給 アルゴ・ピクチャーズ
制作国 日本(2016)
上映時間 125分

(C)2016みしまびとプロジェクト/ものがたり法人FireWorks

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「惑う After the Rain」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-08-24 00:13:51

広告を非表示にするには