でかんしょ風来坊 作品情報

でかんしょふうらいぼう

斎藤武市が監督した喜劇調のアクションもの

東京は銀座--ここのズベ公グループ、ピンク・アパッチ団の春子、夏子、秋子、冬子が得意のタンカを切っていた。にやけたイカサマ青年がおタマ婆さんを誘拐したというのだ。週刊「あなた自身」に写真を売り込み中の松の湯の娘秀子がさかんにシャッターをきった。そこへ一本槍鬼左衛門の車が突込んできた。春子たちは一本槍につめよった。秀子はレストランを経営する次郎に知らせた。次郎は春子たちを店に呼んでその場をおさめた。秀子のせっかくの写真を金井編集長はとりあわなかった。翌朝、湘南電車に秀子と次郎が乗りあわせた。二人の行先は茅ケ崎で、元総理大臣一本槍邸。秀子は写真を持って、次郎は春子たちの更生を頼みに行くのが目的だった。

「でかんしょ風来坊」の解説

松浦健郎の原作を、原作者自身と今村文人が共同で脚色し、「波涛を越える渡り鳥」の斎藤武市が監督した喜劇調のアクションもの。撮影も「波涛を越える渡り鳥」の高村倉太郎。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督斎藤武市
出演小林旭 浅丘ルリ子 近藤宏 小川虎之助 小園蓉子 宮城千賀子
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「でかんしょ風来坊」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-12-13 00:01:03

広告を非表示にするには