喜劇役者たち 九八とゲイブル 作品情報

きげきやくしゃたちきゅうはちとげいぶる

井上ひさしの同題名小説の映画化

港金一通称、芸利九八は一旗あげようと、ラビアンローズという踊り子についてドサ廻りをしている。ある晩、北京放送から英語放送と花モゲラ語をあやつる苦楽芸振と出会った金一は、妙にウマが合う彼とコンビを組もうと浅草に連れて帰った。ストリップ小屋の支配人・松井の計らいで、ストリップの合間にコントをやることになった金一と芸振は観客の人気を得る。ある日、ストリッパーのシルバー・緑が特出しをやって、張込み中の鬼丸刑事に現行犯で逮捕されそうになる。飛び出した金一と芸振がコントに見せかけて鬼丸を追い出し、彼女を救う。

「喜劇役者たち 九八とゲイブル」の解説

ある喜劇役者が旅先で出会った奇妙な男とコンビを組み、珍芸を披露しながら浅草の売れっ子になっていく姿を描く、井上ひさしの同題名小説の映画化。脚本は「君よ憤怒の河を渉れ」の田坂啓、監督は「瀬戸はよいとこ花嫁観光船」の瀬川昌治、撮影は「江戸川乱歩の陰獣」の丸山恵司がそれぞれ担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督瀬川昌治
出演愛川欽也 タモリ 秋野太作 佐藤オリエ 東てる美
制作国 日本(1978)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「喜劇役者たち 九八とゲイブル」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-10-23 00:01:26

広告を非表示にするには