13号待避線より その護送車を狙え 作品情報

じゅうさんごうたいひせんよりそのごそうしゃをねらえ

鈴木清順が監督したアクション・ドラマ

護送車が襲われた。二人の囚人が即死し、犯人は逃亡した。死んだ囚人は冬吉と竜太である。護送責任を問われた看守長の多門は、六カ月の停職命令を受けた。彼は犯人の追求に乗り出した。第一の手がかりは、車に乗っていた囚人の五郎だ。彼は保釈金をつんで出所していた。ストリッパーの恋人津奈子と熱海にいた。多門も熱海に出向いた。津奈子とマリが旅館でショーを開いている最中、マリが殺された。マリは死んだ竜太の姉だった。多門はストリッパーを斡旋している浜十組を訪れた。浜十は入院してい、娘の優子が現われた。美しく、好意的だった。

「13号待避線より その護送車を狙え」の解説

島田一男の原作を、「暗黒街の対決」の関沢新一が脚色し、「素っ裸の年令」の鈴木清順が監督したアクション・ドラマ。撮影は「おヤエの初恋先生」の峰重義。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督鈴木清順
出演水島道太郎 渡辺美佐子 小沢昭一 白木マリ
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「13号待避線より その護送車を狙え」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-04-28 00:03:09

広告を非表示にするには