ピンクとグレー 作品情報

ぴんくとぐれー

スター“白木蓮吾”はなぜ命を絶ったのか?

ピンクとグレーのイメージ画像1
ピンクとグレーのイメージ画像2

河田大貴と鈴木真吾は、同じ団地で育った親友同士。ある日、遊びに行った渋谷でスカウトされた二人は、読者モデルとなり俳優を目指し始める。エキストラで出演したドラマで監督に見初められた真吾は、“白木蓮吾”という芸名で、ぐんぐんスターダムをのし上がっていく。大貴は、幼なじみの家に転がり込み、うだつのあがらない日々を送っていた。しかし、同窓会で久しぶりに再会した翌日、真吾は6通の遺書を残し、命を絶つ…。

「ピンクとグレー」の解説

ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「NEWS」の加藤シゲアキの小説デビュー作を、行定勲監督が映画化。芸能界に入り、名前や顔が売れていく事によって変わっていく人間関係や人間性、表面的なものに翻弄される若者たちの純粋さと愚かしさを描いた青春物語。主人公を演じるのは「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔。芸能界に順応できずもがく若者を、まっすぐに演じている。芸能界や映画界の内幕を描いている作品だけあって、演出やストーリーもひねりが効いている。行定監督自身や裏方のスタッフたちも登場するその鮮やかな展開に、驚かされる人も多いだろう。脇を固めるのが菅田将暉、夏帆らの振り幅の広い演技も見応えあり。

ピンクとグレーのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年1月9日
キャスト 監督・脚本行定勲
原作加藤シゲアキ
脚本蓬莱竜太
出演中島裕翔 菅田将暉 夏帆 岸井ゆきの 宮崎美子 柳楽優弥
配給 アスミック・エース
制作国 日本(2015)
上映時間 119分

(C)2016「ピンクとグレー」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3.25点★★★☆、8件の投稿があります。

P.N.「ジェフ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2016-11-30

原作をこれでもかと言うほど読み返していた自分にとって、映画・ピングレはオリジナル部分も小説と重なる部分も奥が深く感じられて、衝撃と感動と切なさでいっぱいになりました。役者さんが引き込む演技力で迫力が増し、 シゲが作品に込めた思いを改めて感じられました。 原作を理解してから見るとより作品を楽しめると思います!

最終更新日:2020-06-05 13:24:16

広告を非表示にするには