鬼姫しぐれ 作品情報

おにひめしぐれ

山手樹一郎原作を中川信夫が映画化

盤城平城主内藤丹後守は嫡子がなく、家督を弟和泉守に譲り、遺児多恵姫が成人の暁は婿養子を迎えて、内藤家を嗣がせることを遺言して世を去った。その多恵姫も国元にて十八歳の春を迎え松平備前守の三男源三郎を養子とすることに決定、姫は江戸へ迎えられることになった。しかし和泉守にも多恵姫と同年の八重姫があり、娘可愛さの親心につけ込んだ悪家老大島刑部は、和泉守をそそのかし、家督を八重姫へ奪おうとの陰謀をたくらんだ。刑部の腹心谷主水は、辰巳芸者お艶と、お艶のたっての願いに浪人者又四郎をつれて、多恵姫のお迎え、実は多恵姫の持っている先代のお墨付きと証拠の懐剣を奪いとるべく、国元へ向かった。

「鬼姫しぐれ」の解説

宝プロダクションと新東宝提携第一回作品。製作は高村將嗣、原作は山手樹一郎「右門捕物帖 片眼狼」の中川信夫が脚色、監督したもの。主演は、「右門捕物帖 片眼狼」の嵐寛寿郎と花井蘭子、「とんぼ返り道中」の宮城千賀子で、新人女優梅村美智子のほかに伊藤雄之助、進藤英太郎、宮川玲子、香川良介などが助演している。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中川信夫
出演嵐寛寿郎 花井蘭子 宮城千賀子 梅村美智子 徳川夢声 高堂国典
制作国 日本(1951)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「鬼姫しぐれ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:22:14

広告を非表示にするには