ギヴァー 記憶を注ぐ者 作品情報

ぎう゛ぁーきおくをそそぐもの

少年は世界を取り戻せるのか?

ギヴァー 記憶を注ぐ者のイメージ画像1
ギヴァー 記憶を注ぐ者のイメージ画像2

いかなる争いも揉め事もない平和な管理社会が築かれた近未来。飢餓も貧困もなく、全ての苦痛が排除され、完全な平等世界であるコミュニティーは、まさに理想郷であった。過去の記憶を一切持たない住人たちは、指定服の着用と感情の高揚を抑制する毎朝の投薬、そして正直であることが義務づけられ、長老委員会が指定する職業に就いていた。少年ジョナスは、養育センターで働く父と母、そして妹の4人で家族ユニットを組んでいたが、職業任命の儀式で主席長老から<記憶を受け継ぐ者>=ザ・レシーヴァーに指名される。だが、それは最も名誉ある仕事であると同時に、苦痛と孤独を強いられる辛い職業でもあった。全コミュニティーの過去の記憶を唯一蓄えている賢者<記憶を注ぐ者>=ザ・ギヴァーから人類の記憶(歴史)を日々伝達されることになったジョナスは、人々の記憶から消し去られていた感情、コミュニティーの裏側に隠された真実を知る。そして共同体の限界を痛感、現状を変える旅に出ることを決意するが……。

「ギヴァー 記憶を注ぐ者」の解説

児童文学者ロイス・ローリーの人気小説「ザ・ギバー 記憶を伝える者」を実写映画化。主人公のジョナスを、『マレフィセント』のフィリップ王子役で注目を集めたブレントン・スウェイツが演じる。監督は、『ボーン・コレクター』『ソルト』のフィリップ・ノイス。(作品資料より)

ギヴァー 記憶を注ぐ者のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年9月5日
キャスト 監督フィリップ・ノイス
原作ロイス・ローリー
出演ジェフ・ブリッジス メリル・ストリープ ブレントン・スウェイツ アレクサンダー・スカルスガルド ケイティ・ホームズ
配給 プレシディオ
制作国 アメリカ(2014)
上映時間 97分

(C)2014 The Giver SPV,LLC. All Rights Reserved.

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood p」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-10-30

此の隔離された管理社会の恐怖は何と言ったらよいのだろうか?過去の記憶を消して改竄し御都合な独裁体制と為って仕舞った未来はもう絶望的だ??エリアを乗り越えて忘却の壁を超え、ユートピアを希求する児童文学の見事な映像化だったね?色彩を取り戻し、忘れられた「愛」と言う言葉を取り戻すのは本当に命懸けの勇気が必要何だよ??ファイト?????

最終更新日:2021-04-14 19:15:48

広告を非表示にするには