野火 作品情報

のび

大岡昇平の戦争文学を塚本晋也が映画化

野火のイメージ画像1
野火のイメージ画像2

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は早々に追い出され、再び戻った部隊からも入隊を拒否される。そして果てしない原野を彷徨うことになるのだった。空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たものは……。

「野火」の解説

大岡昇平の同名戦争文学を、塚本晋也が監督兼主演で映画化。目的を失った泥沼の戦場という極限状況の中に放り込まれた兵士たちの姿は、現在の世界で展開されている様ざまな戦争を思い起こさずにはいられない。撮影の一部は実際にフィリピンでも行われ、雄大な自然とその中で苦悶する人間たちとのコントラストが見事に表現されている。ヴェネチア映画祭コンペティションに選ばれ、大きな話題を巻き起こした。(作品資料より)

野火のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年7月25日
キャスト 監督・出演塚本晋也
原作大岡昇平
出演リリー・フランキー 中村達也 森優作 中村優子 山本浩司 神高貴宏 入江庸仁 辻岡正人 山内まも留
配給 海獣シアター
制作国 日本(2014)
年齢制限 PG-12
上映時間 87分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-08-19

中国引き揚げ体験の或る御婦人が本篇を劇場で観て一寸グロかったわ!と呟いていた。市川崑監督の名篇の象徴的な詩情感の在るタッチでは無い,塚本晋也監督版のカラー作品はジャングルの中の呻き声と傷みと不安感で充ちて居た!「もうよせ,戦争は」と言う日米双方共通の声何だ

最終更新日:2020-01-22 15:28:33

広告を非表示にするには