新宿乱れ街 いくまで待って 作品情報

しんじゅくみだれまちいくまでまって

現代の女性の新しい生き方を追求する

幾本もの路地に、小さな酒場がひしめいている。そこにネオンがともる頃、待ちかねていたように若者が集まってくる。ミミはそんな街のバー「雑苦場乱」で働く女優志望の気のいい女で、脚本家志望の沢井を好いている。原稿の締切りがせまり、忙しい沢井を労いながら、彼の掌にそっと札を握らせると沢井はフラフラと街へ出かけた。沢井の行先は淫乱姉妹などとからかわれる由希、佐希がいるバー「酒味」である。由希は映画の助監督正平、佐希は作家志望のシゲの来るのを毎晩、待っている。シゲが泥酔して入って来たかと思うと正平とチブサが「雑苦場乱」から転がり込む。この一角で若者達は、満たされぬ願望を抱きながら、ささやかに青春の羽根をひろげる。

「新宿乱れ街 いくまで待って」の解説

新宿の裏街を舞台に、酒と女を求めて、集散する若者の哀歓を描く。脚本は「不連続殺人事件」の荒井晴彦、監督は「嗚呼!! 花の応援団 男涙の親衛隊」の曽根中生、撮影は「女囚101 しゃぶる」の水野尾信正がそれぞれ担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督曾根中生
出演山口美也子 絵沢萠子 中田彩子 日夏たより
制作国 日本(1977)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「新宿乱れ街 いくまで待って」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-04-06 00:02:22

広告を非表示にするには