おったまげ人魚物語 作品情報

おったまげにんぎょものがたり

堀内真直が監督した喜劇ドラマ

東京を離れ平和な漁村白南町に住みついた画家の安藤計策のところに、美人の永井夫人が避暑にやって来た。突然のことに大いに驚いたいた安藤は、夫人を町一番の旅館“飛魚屋”に案内した。永井夫人はイルカ島と言う無人島に毎日通うことになった。白い肌を小麦色に焼くのが目的だった。その送り迎えに、タイ吉君が選ばれた。漁師の純朴な青年タイ吉はすっかり夫人に夢中になり許嫁のムツ子を怒らせてしまった。安藤先生はそんな二人に、何かと面倒をみてやるのだった。また、碁仇の栄一という青年がバーの妖艶なマダム・エマにすっかり参ってしまっている。

「おったまげ人魚物語」の解説

「海人舟より 禁男の砂」の近藤啓太郎の原作『人魚おんもり物語』より「女難コースを突破せよ」の長瀬喜伴と中村定郎が共同脚色、「伴淳・森繁のおったまげ村物語」の堀内真直が監督した喜劇ドラマ。撮影は「喜劇 団地親分」の倉持友一。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督堀内真直
出演伴淳三郎 加東大介 三上真一郎
制作国 日本(1962)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「おったまげ人魚物語」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:19:24

広告を非表示にするには