博士と彼女のセオリー 作品情報

はかせとかのじょのせおりー

ホーキング博士と妻ジェーンの愛の物語

博士と彼女のセオリーのイメージ画像1

1963年、イギリスのケンブリッジの大学院で物理学を専攻するスティーヴン・ホーキングは、パーティで同じ大学に通うジェーンと出合い、2人はたちまち恋に落ちる。スティーヴンは研究テーマを宇宙の“特異点論”に定めるが、身体に異変が起きていた。身体がマヒして行くその病気に治療法はなく、余命はあと2年と宣告され、ショックを受けるスティーヴン。それを知ったジェーンだが、彼と結婚する道を選ぶ。

「博士と彼女のセオリー」の解説

科学に興味がなく、その理論をよく知らなくても、名前と姿は知っている、車イスの宇宙物理学者スティーヴン・ホーキング博士。本作はその彼と元妻ジェーンが、どのような生涯を共に過ごして来たかを、実話に基づいて描いた作品。彼の“宇宙論”探求秘話も映画の中には出て来るが、ドラマの主軸は2人の25年に及ぶ愛の生活の変化だ。愛が芽生えて間もなく、スティーヴンは病気を発症してしまうため、介護や子育てに人生を捧げるジェーンの姿も、きれいごとだけではなく描かれる。スティーヴンやジェーンが選ぶ選択も、“大人の決断”だ。そうした“人間臭さ”を知ると、この天才物理学者がぐっと身近に感じられるのではないか。2015年アカデミー賞でエディ・レッドメインが最優秀主演男優賞を受賞。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年3月13日
キャスト 監督ジェームズ・マーシュ
原作ジェーン・ホーキング
出演エディ・レッドメイン フェリシティ・ジョーンズ チャーリー・コックス エミリー・ワトソン サイモン・マクバーニー
配給 東宝東和
制作国 イギリス(2014)
上映時間 124分

(c)UNIVERSAL PICTURES

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.67点★★★★☆、6件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-03-09

インドの数学者の伝記劇映画〈奇蹟がくれた数式〉を見ていたら本編の雰囲気を想い浮かべ又、〈…セオリー〉を観たいと思ったー。英国ケンブリジ大学の舞台が同じ様な処もそうなのだが科学者のチャレンジャーとしての姿勢が共通していてね。ノーベル物理学賞の湯川秀樹のストーリーも又。


レビューを投稿する

「博士と彼女のセオリー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-10-15 14:33:09

広告を非表示にするには