DEATH FOREST 恐怖の森 作品情報

ですふぉれすときょうふのもり

最恐のフリーホラーゲーム、実写映画化

東京から程遠い某県の森の中。季節外れのキャンプを終え、紗季は友人たちと帰路についていた。途中、近道だと思われる薄暗い1本道を通り抜ける4人だったが、突然車のボンネットから煙が吹き出し、立ち往生してしまう。徐々に陽が暮れていく森の中で1人の男が襲いかかってきた。男は「あいつらを見てないのか!?ここに来た事を後悔するぞ。」と紗季らを不安に陥れ、恐怖に怯えた様子で車に閉じこもった。紗季たちは助けを呼ぶため来た道を戻ろうとするが、間もなく、懐中電灯が照らす先に、口の周りがべったり赤い血に染まった不気味な生き物が現れる。

「DEATH FOREST 恐怖の森」の解説

2014年にKazz氏が製作したフリーホラーゲーム「Death Forest~恐怖の森~」を実写映画化。監督を務めるのは、オムニバス映画『恋につきもの』などで注目を浴びる若手監督・一見正隆。主人公紗季を演じるのは、ミスiDオーディションの“大号泣自己紹介動画”が話題のサブカルアイドル緑川百々子。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年12月20日
キャスト 監督一見正隆
出演緑川百々子 大野愛友佳 田中克憲 田島匠悟 木田弘一 平家和典 下東久美子 川岡大次郎
配給 NSW
制作国 日本(2014)
上映時間 65分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「DEATH FOREST 恐怖の森」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:19:19

広告を非表示にするには