出発 作品情報

しゅっぱつ

スコリモフスキがベルギーで撮った青春映画

出発のイメージ画像1
出発のイメージ画像2

ブリュッセル。カーレースに夢中な美容師見習いの青年・マルクは、レース出場のためにポルシェを調達しようと、知り合いになった娘ミシェールを巻き込み、あの手この手を算段する。やっとのことで手に入れたポルシェに乗って、夜の町を飛び出してレース会場へと向かい、仮眠をとるためにホテルに宿をとった二人だったが……。

「出発」の解説

ゴダール『男性・女性』の主演俳優ジャン=ピエール・レオーとカトリーヌ=イザベル・デュポール、同作の撮影監督ウィリー・クラントを迎えて製作された、ほろ苦く切ない青春映画。疾走するスポーツカー とクシシュトフ・コメダのメロディアスなジャズ、ブリュッセルの街並みと瑞々しくとらえた画面と若い男 女の間に芽生える淡い恋心。イエジー・スコリモフスキ監督の手になるベルギー製“ヌーヴェル・ヴァーグ”映画とでも 呼ぶべき一編。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年8月16日
キャスト 監督イエジー・スコリモフスキ
出演ジャン=ピエール・レオー カトリーヌ=イザベル・デュポール ジャクリーヌ・ビル ヨーン・ドブリニーネ
配給 boid
制作国 ベルギー(1967)
上映時間 91分

(C)BELFILM

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「出発」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-11 10:26:07

広告を非表示にするには