嵐を呼ぶ十八人 作品情報

あらしをよぶじゅうはちにん

吉田喜重が脚本・監督した青春ドラマ

瀬戸内海に面したK市のY造船所。島崎宗夫はK造船所の下請工場、大和田組の社外工であった。或る日、厚生係長村田から寮の管理をすれば特別給与も出すと言われた。月給の大半を酒と賭博で使い果す彼にしてみれば渡りに舟だった。十八人の入寮者、彼等は大阪で食いつめタコ師の森山の手を通して流れ込んで来た札つきの連中であった。花札をひく連中、日出男、やすお、みのる、良夫、あきらや、町の与太者と喧嘩する連中。こうした十八人との共同生活に手を焼く島崎に暖い目を向けるのは飲み屋の娘ノブと村田の妹で高校の教師をしている久子だった。やがて、造船所にも夏期手当闘争シーズンが来た。組合員でない彼等社外工の稼ぎ時を労動者の正義窓でボイコットを考えた島崎だが、タンカーの響きに魅いられ、ストで残業が続いた。

「嵐を呼ぶ十八人」の解説

皆川敏夫の原案より「秋津温泉」の吉田喜重が脚本・監督した青春ドラマ。撮影もコンビの成島東一郎。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督吉田喜重
出演早川保 香山美子 松井英二 岩本武司
制作国 日本(1963)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「嵐を呼ぶ十八人」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:17:35

広告を非表示にするには