2つ目の窓 作品情報

ふたつめのまど

奄美大島を舞台に、少年と少女の初恋を描く

奄美大島では、ユタ神様が祭祀を司り、人びとは自然と神への畏敬の念とともに生きていた。ある日、高校生の界人は海に浮かぶ男の溺肢体を発見する。界人の同級生の杏子の母イサはユタ神様として、島人の心の拠り所になっていたが、病を抱え死期を迎えつつあった。多感な界人はいつも男の影を感じさせる母・岬の女の部分にけがらわしさを感じてしまう自分を持て余していた。ある晩、岬の言動を激しくなじってしまった界人。家に戻ると母の姿はなかった…。

「2つ目の窓」の解説

97年『萌の朱雀』でカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を史上最年少で受賞して以来、03年の『沙羅双樹』(コンペティション部門選出)、07年には『殯の森』でグランプリ受賞と、作品を発表するごとに世界の晴れ舞台で注目を集めてきた映画監督・河瀬直美。14年、三たび同映画祭コンペティション部門に選出された『2つ目の窓』の舞台として彼女が選んだのは、奄美大島。主役の二人は演技経験がないが、二人を見守る家族には、杉本哲太、松田美由紀、渡辺真起子、村上淳ら、日本映画界を支える実力と個性を兼ね備えたキャストが結集。奄美の圧倒的な自然の中で、生と死のあいだにある人々の輝きをスクリーンに深く焼きつけている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年7月26日
キャスト 監督河瀬直美
出演村上虹郎 吉永淳 杉本哲太 松田美由紀 渡辺真起子 村上淳 榊英雄 常田富士男
配給 アスミック・エース
制作国 日本=フランス(2014)
上映時間 120分

(C)2014“FUTATSUME NO MADO” JFP, CDC, ARTE FC, LM.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:1点☆☆☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「ポレポレ」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2014-08-09

世界的に評価されている河瀬直美監督の作品ですが、私は駄目でした。生と死をテーマにしているので、その1つの象徴のシーンなのでしょうが、生きている山羊さんを殺すシーンは、食べる為とはいえ耐えられませんでした。人間の命も山羊さんの命も同じ!!食べる為には命を奪うこともあるでしょうが、せめて苦しまないように殺してあげて欲しいです!杏子の母が「死ぬことは怖くない」と言っていましたが、私にもいつかそんな風に思える日が来るのでしょうか!?

最終更新日:2019-10-17 11:55:47

広告を非表示にするには