花宵道中 作品情報

はなよいどうちゅう

遊女・朝霧がただ一人の男に見せた花魁道中

花宵道中のイメージ画像1

天保八年、吉原が全焼する。仮宅で営業中の山田屋の遊女・朝霧は、ある日、妹分の八津と共に縁日へ繰り出し、京からやって来た染物職人・半次郎と出会う。朝霧と半次郎は壊れた簪を直してもらう約束をして別れたが、朝霧は約束の場所に行く事ができなかった。その後、織物問屋の吉田屋の宴席に招かれた朝霧は、そこで半次郎と再会する。朝霧と半次郎の間に何かあると気付いた吉田屋は、朝霧を半次郎の見ている前で嬲りものにし…。

「花宵道中」の解説

江戸・吉原を舞台にした宮木あや子の連作小説「花宵道中」を安達祐実主演で映画化。吉原の下級女郎だった母親から虐待を受けて育ち、誰にも心を許す事なく生きてきた遊女・朝霧の一世一代の恋を、安達祐実が全力で演じている。遊女でありながら少女のように可憐な朝霧像は、安達祐実だからこそできたキャラクターと言えるだろう。朝霧が恋に落ちる半次郎を演じるのは、淵上泰史。さらに、朝霧を嬲りものにする織物問屋の吉田屋を、津田寛治が憎々しく演じている。吉原が舞台というだけあって、小篠恵奈、三津谷葉子ら若手女優が着こなす煌びやかな衣装の数々も見もの。監督を務めたのは、『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』の豊島圭介。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年11月8日
キャスト 監督豊島圭介
出演安達祐実 淵上泰史 小篠恵奈 三津谷葉子 多岐川華子 立花彩野 松田賢二 中村映里子 不破万作 高岡早紀 友近 津田寛治
配給 東京テアトル
制作国 日本(2014)
年齢制限 R-15
上映時間 102分

(C)2014 東映ビデオ

手軽に動画で視聴する

DVD・ブルーレイ発売情報

花宵道中

花宵道中ジャケット写真
発売日2015年5月13日
価格3,800円+税
発売元東映ビデオ
販売元東映
型番DSTD-3820


【特典】
予告編集

(C)2014 東映ビデオ

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-01-14

花魁姿の艷な安達祐実が綺麗です!

最終更新日:2020-01-15 15:08:20

広告を非表示にするには