神奈川芸術大学映像学科研究室 作品情報

かながわげいじゅつだいがくえいぞうがっかけんきゅうしつ

組織の理不尽さをシニカルに描く

神奈川芸術大学映像学科研究室のイメージ画像1
神奈川芸術大学映像学科研究室のイメージ画像2

神奈川芸術大学映像学科の助手・奥田は、事なかれ主義の教授陣と問題ばかり起こす学生との間で板ばさみになる日々を過ごしている。そんなある晩、奥田は映像学科の学生が大学の機材を盗み出している現場に遭遇。事件が表沙汰になることを恐れた教授陣は、ウソの報告書の作成を奥田に指示する。しかしその報告書をきっかけに事態は思わぬ方向へと進んでいく……。

「神奈川芸術大学映像学科研究室」の解説

架空の大学を舞台に、社会人ならば誰もが思い当たる“組織の理不尽”を描いたブラック・コメディ。東京藝術大学大学院映像研究科第7期修了制作として制作された学生映画であるが、緻密な脚本に裏付けられたオフビートなストーリー展開や笑いのツボを押さえた人物描写、そして社会を鋭く見透かすシニカルな世界観が、これまでの“学生映画”“自主制作映画”の枠を大きく超えた、質の高いエンターテイメント作品として異彩を放つ。監督は、大阪芸術大学映像学科を卒業後、同学科での助手勤務を経て、東京藝術大学大学院映像研究科第7期生として学んだ坂下雄一郎。(作品資料より)

神奈川芸術大学映像学科研究室のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年1月25日
キャスト 監督・脚本坂下雄一郎
出演飯田芳 折原千尋 前野朋哉 宮川不二夫 高須和彦 中村有 嶺豪一 中村章太 細井学
配給 デジタルSKIPステーション
制作国 日本(2013)
上映時間 70分

(C)東京藝術大学大学院映像研究科

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「神奈川芸術大学映像学科研究室」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:15:38

広告を非表示にするには