やさしい本泥棒 作品情報

やさしいほんどろぼう

少女の友情と家族の絆を描く感動作

第二次大戦中のドイツ、ミュンヘン郊外に母に去られて里親と暮らす活発な少女リーゼル。里親のハンスはリーゼルが「墓掘り人の手引き」という少女に似つかわしくない本を肌身離さず持っていることから、彼女が字が読めないことに気が付き、本を読み聞かせるようになる。ハンスはリーゼルのために地下室の壁にわからない字を書いて“辞書”を作り、リーゼルは読み書きを覚えていく。そして次第にリーゼルは本が持つ魅力に引き込まれていく。しかし折りしもドイツはナチスによって自由に本を読むことを禁じられる時代へと突入していく……。しかしリーゼルは本を読むことを諦めず、本から得られる“イマジネーション”が戦下の過酷な日常を生き抜くための彼女の唯一の手段になる。そして、リーゼルはその力を地下室で暮らすユダヤ人逃亡者の青年マックスや、空爆に怯える街の人々にも分け与えていく。

「やさしい本泥棒」の解説

人間の心が持つ生きる意欲と回復する力を描く、人生を肯定する感動作。ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーのリストに異例の4年間ランキング圏内に入っているマークース・ズーサックのベストセラー「本泥棒」を原作に、少女リーゼルの友情と家族の絆を描く。主役を演じるソフィーネ・リッセは10歳から映画出演し、『ぼくたちのムッシュ・ラザール』で、ジニー賞とジュトラ賞で助演女優賞を受賞した新星。監督は、大人気ドラマ「ダウントン・アビー~貴族とメイドと相続人~」のブライアン・パーシヴァル。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ブライアン・パーシヴァル
原作マークース・ズーサック
脚本マイケル・ペトローニ
出演ソフィー・ネリッセ ジェフリー・ラッシュ エミリー・ワトソン
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ=ドイツ(2013)

(C)2013 YWENTIETH CENTURY FOX

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「やさしい本泥棒」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-12-01 16:52:57

広告を非表示にするには