金語楼の俺は殺し屋だ! 作品情報

きんごろうのおれはころしやだ

小杉勇が監督した喜劇

落ち目のやくざ都鳥一家の女親分ミキは、世界的な殺し屋“苦が虫の金造”を香港からよびよせ、勢力挽回を計った。ところがその歓迎パーティの準備中、金造とウリ二つの山下敬吉というサラリーマンが一家の者にひろわれた。小心者の彼は退職金五百万円を盗まれ、自殺を計っているのを救われたのである。歓迎パーティの席上、金造は酔って泣きだした。彼は泣き上戸だったのである。あわてたミキは咄嗟に敬吉に黒装束を着せ、殺し屋のかえだまを仕立ててその場をつくろった。拳銃の試し撃ちも、何者かがカーテンのすき間から敬吉の代りにシャンデリアを撃ち落とし、成功に終った。金造の第一回目の仕事は銀行ギャングだった。だがその当日、また彼の泣き上戸がはじまり、敬吉が再び身代りにたった。襲撃先の銀行は敬吉の娘弓子の勤め先だった。

「金語楼の俺は殺し屋だ!」の解説

「この髭百万ドル」の高橋二三の脚本を、「刑事物語 小さな目撃者」の小杉勇が監督した喜劇。撮影は「浅草姉妹」の山崎安一郎。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督小杉勇
出演柳家金語楼 深町真木子 香月美奈子 南利明
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「金語楼の俺は殺し屋だ!」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:14:49

広告を非表示にするには