キッズ・リターン 再会の時 作品情報

きっずりたーんさいかいのとき

シンジとマサル、高校卒業後10年ぶりの再会

キッズ・リターン 再会の時のイメージ画像1
キッズ・リターン 再会の時のイメージ画像2

高校を卒業して10年。かつて新人王をとったボクサーのシンジだが、今は格上の相手の咬ませ犬ばかりさせられ、引退を決意していた。その頃、かつての友人でヤクザとなったマサルが服役を終えて出所してくる。マサルはそのままオジキ分のヤクザ・室沢の世話になっていた。交通整理のアルバイトをしていたシンジは、偶然通りかかったマサルと再会。久しぶりに会ったマサルに応援され、シンジは再びボクサーとしてリングに立つようになるが…。

「キッズ・リターン 再会の時」の解説

「俺たち、もう終わっちゃったのかなあ」「バカヤロウ、まだ始まっちゃいねえよ」というセリフで有名な、1996年の北野武監督作『キッズ・リターン』。この作品の10年後を舞台にした“その後の物語”が、本作『キッズ・リターン 再会の時』だ。安藤政信の演じたシンジを平岡祐太が、金子賢の演じていたマサルを三浦貴大が演じている。ウダツの上がらないボクサーとなったシンジ、時代に取り残されたヤクザとなったマサル。それぞれの人生が10年ぶりに交錯し、新たな方向に変化していく。彼らの物語は始まったのか、それとも終わっていたのか、思わず問いかけたくなる一作だ。メガホンをとるのは、『キッズ・リターン』で助監督を務めていた清水浩。

キッズ・リターン 再会の時のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年10月12日
キャスト 監督清水浩
原案ビートたけし
出演平岡祐太 三浦貴大 倉科カナ 中尾明慶 市川しんぺー 小倉久寛 池内博之 杉本哲太 ベンガル
配給 東京テアトル/オフィス北野
制作国 日本(2013)
上映時間 107分

(C)2013『キッズ・リターン 再会の時』製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「キッズ・リターン 再会の時」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-10-14 00:01:15

広告を非表示にするには