3人のアンヌ 作品情報

さんにんのあんぬ

3人のアンヌとライフガードとのひと夏の恋

3人のアンヌのイメージ画像1
3人のアンヌのイメージ画像2

初夏のゆったりとした時間が流れる海辺の街モハン。ヴァカンスに訪れたフランス人のアンヌ……成功した映画監督、浮気中の人妻、離婚したばかりの女性。同じアンヌという名前の3人は、それぞれ別の目的でこの海辺の街にやって来たが、偶然にも同じ情熱的なライフガードに出会う。灯台の他にこれといって何もない異国の地で繰り返されるアンヌの恋のヴァカンス。アンヌと言葉が上手く通じないライフガードとの淡くぎこちない恋の結末は……。

「3人のアンヌ」の解説

韓国語、英語、フランス語……さまざまな言葉を使ったコミュニケーション。言葉以上に思いは通じるのだろうか?アンヌと旅の同行者や旅先で出会う人々とのぎこちなくもユーモアたっぷりのやり取り。中でもライフガードとの勘違いやすれ違い、ハプニングから縮まる心の距離。ほのかな恋心が微笑ましいエピソードを紡いでゆく。監督は、韓国のみならずヨーロッパでも絶大な人気を誇るホン・サンス。フランスの名女優イザベル・ユペールを主演に起用した本作は、2012年カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、その新たなコラボレーションが絶賛された。(作品資料より)

3人のアンヌのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年6月15日
キャスト 監督・脚本ホン・サンス
出演イザベル・ユペール ユ・ジュンサン チョン・ユミ ユン・ヨジョン ムン・ソリ クォン・ヘヒョ ムン・ソングン
配給 ビターズ・エンド
制作国 韓国(2012)
上映時間 89分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-12

韓国の洪サンス監督の新作映画「正しい日、間違えた日」を観ていて、「あっ、もしや本編のスタイル…」と想い能ったー。本編での灯台は新作では隣接地に在る大きな大佛像何だが?モニュメントの使い方やパステル調の絵の様なタッチは本編でも見られたが新篇ではヒロインが画家だったからアブストラクトな絵画そのものが、何とも小粋だったんだね!??


レビューを投稿する

「3人のアンヌ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-14 11:09:51

広告を非表示にするには