旅に出た極道 作品情報

たびにでたごくどう

佐藤純彌がメガホンをとったシリーズ第五作

天野屋一家六代目島村清吉は子分の保とジョージを連れ香港に来た。だが、探し求める妻みね子と白の住居が見つからず、途方に暮れているところを、船で一緒だった彩夏に救われた。ところが、案内されたのは、阿片窟の元締金華郎の隠れ家だった。金は島村たちを、麻薬の運び屋に仕立てようとしたが折しも彼を探していた白に助けられた。白は、島村の子分だが、香港では新華会の江と覇を競うほどの侠客だった。

「旅に出た極道」の解説

「緋牡丹博徒 花札勝負」の鳥居元宏と「昭和残侠伝 唐獅子仁義」の松本功が脚本を執筆し「荒野の渡世人」の佐藤純彌がメガホンをとったシリーズ第五作。「にっぽん'69 セックス猟奇地帯」の赤塚滋が撮影を担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督佐藤純彌
出演若山富三郎 清川虹子 山城新伍 関山耕司
制作国 日本(1969)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「旅に出た極道」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-11 16:15:58

広告を非表示にするには