遠くでずっとそばにいる 作品情報

とおくでずっとそばにいる

ここで生きていてもいいですか

遠くでずっとそばにいるのイメージ画像1
遠くでずっとそばにいるのイメージ画像2

交通事故にあった志村朔美が病院で目覚めると、17歳だったはずの自分が27歳になっていた。高校生だった17歳の12月を最後に10年分の記憶を失ってしまったのだ。母は再婚し、新しい家族ができていた。突然見知らぬ女性に「死んじゃえば」と罵られたり、見覚えのない鍵を持っていたり、戸惑うことばかりが続く。元同級生で今は恋人らしい細見良彦や、性同一障害の大島薫の手を借りて記憶を辿ろうとするのだが…。

「遠くでずっとそばにいる」の解説

まるまる10年分の記憶が抜け落ちて、その間に経験した楽しいことも悲しいことも、罪深いことも何もかも辿り直さなくてはならないとは、なんと心細く残酷なことだろう。都合の悪いことに耳を塞いだり、目をつぶってなかったことにする逃げ道も使えない。そんな無防備なヒロインを演じるのは、NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」や映画『みなさんさようなら』の倉科カナ。脚本も兼ねた狗飼恭子の小説を原作に、佳品『天国はまだ遠く』以来5年ぶりの長編作品となる長澤雅彦が、サスペンス風味と永遠の片思いの切なさを併せ持つ繊細なドラマをオール秋田ロケで撮り上げた。音楽は自身の監督作以外で初となる岩井俊二。

遠くでずっとそばにいるのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年6月15日
キャスト 監督長澤雅彦
原作狗飼恭子
音楽岩井俊二
出演倉科カナ 中野裕太 伽奈 清水くるみ 徳井義実 六角精児
配給 ソニーPCL
制作国 日本(2013)

(C)2013「遠くでずっとそばにいる」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「遠くでずっとそばにいる」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:13:01

広告を非表示にするには