大当り百発百中 作品情報

おおあたりひゃっぱつひゃくちゅう

春原政久が監督した明朗編

及川太郎はレコード会社の文芸部員。部長から作詞の催促をせまられ、芸術的良心との板ばさみで悩んでいた。そんな彼に一つの特技があった。競馬の予想だ。予想は百発百中だが、スリルの快感を味わうだけで彼は絶対に金を賭けなかった。予想を書いた手帖を新妻美知子が発見した。太郎の浮気の対象と誤解した彼女は大ムクレ。太郎の弁解を聞いた美知子は、家計のために金を賭けることをすすめた。太郎は自分の気持を理解されぬのを怒って家を飛びだした。酔って行きついたのがバー“ドドンパ”。そこへ来たのが愚連隊の白井一味。競馬でスッテンテンの彼らは機嫌が悪く、太郎の手帖をかっぱらった。中をみてびっくり、今までのレースが百発百中。白井は太郎をムリヤリに温泉マークに連れこみ、ダービーの予想をたてさせた。美知子は夫が帰らぬので大アワテ、部長も行方を探した。白井は情婦マユミを太郎に提供するなど、予想のひらめきを今か今かと待った。

「大当り百発百中」の解説

高田保の原作を、山内亮一と籐善平が脚色し、「善人残酷物語」の春原政久が監督した明朗編。撮影担当は「銀座旋風児 嵐が俺を呼んでいる」の峰重義。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督春原政久
出演小沢昭一 松原智恵子 加藤武 千代侑子 高原駿雄
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「大当り百発百中」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-01-10 00:02:10

広告を非表示にするには