極道戦国志 不動 作品情報

ごくどうせんごくしふどう

岩内克己が第一回目に監督した青春ドラマ

小学生の不動力は、父・巌が兄を殺すところを目撃した。それは、兄が夜叉組といざこざを起こしたオトシマエをつけるためだった。その夜、力は兄の血で自分の背中に不動明王を彫った。それから10年、高校生になった力は表向きは成績優秀で真面目な学生を装っていたが、裏では九州仁王会不動一家の若頭をつとめていた。しかし、彼にはさらにもうひとつの裏の顔があった。古い体質のヤクザ世界を崩壊させ、極道新世代を築こうとする組織のリーダーとなっていたのである。力は、邪魔になる仁王会の四天王と呼ばれる幹部たちを、クラスメイトのリカと童子や小学生たちを使って抹殺していった。やがて、転校してきた愛染を仲間に引き入れ、仁王会の本山である仁王寺の阿平と吽平をも抹殺した力は、最大の敵である夜叉組の能間の命を狙う。しかし、能間と手を組んで九州を牛耳りたい父が、力の行動を知った能間の命令で、力の腹違いの兄・権を刺客として、力のもとに送った。

「極道戦国志 不動」の解説

古い体質の極道社会を崩壊させ、新世代社会を築こうとする高校生が巻き起こす戦争を、過激な描写で描いたバイオレンス。監督は「新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争」の三池崇史。原作は谷村ひとしの同名小説で、「リストラ代紋 史上最強の公務員」の森岡利行が脚色。撮影を「シャブ極道」の山本英夫が担当している。主演は「花より男子(1995)」の谷原章介。成人指定。16ミリからのブローアップ。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督三池崇史
出演谷原章介 高野拳磁 峰岸徹 竹内力
制作国 日本(1996)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「極道戦国志 不動」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-22 13:33:05

広告を非表示にするには