桂子ですけど 作品情報

けいこですけど

一人の女性を主人公に描く日記風映画

ウエイトレスをしながら、東京都中野区大和町でひとりで暮らしている21歳の鈴木桂子は、あと3週間で22歳の誕生日を迎えようとしている。彼女の宝物は、すでに亡くなってしまった父親の遺骨だった。桂子は、自分が年を重ねていくことを実感するために、毎日を着実に生きていこうとする。なんでもないことの連続だが、大切な毎日、毎時間、毎分、毎秒。そこに息づいている自分を、全部記憶したいと彼女は思っている。月、火、水、木、金、土、日、そしてまた月曜日がやってきた。やがて、桂子はもうすぐ22歳の誕生日を迎えようとしている。

「桂子ですけど」の解説

平凡なひとりの女性が、22歳の誕生日を前に毎日を着実に生きていこうとする様を、“時間”を意識しながらつづっていく日記風映画。監督・脚本は「部屋/THE ROOM」の園子温。これまでも“時間”というテーマに取り組んできた園が、1時間1分1秒という上映時間の中で、斬新なアプローチによる独特の演出を見せている。撮影はウォン・オンリンが担当。主演は美術も兼ねている鈴木桂子。主人公の父親役で、今は亡きシナリオライターの内田栄一が出演している。16ミリ。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督園子温
出演鈴木桂子 内田栄一
制作国 日本(1997)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「桂子ですけど」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-19 14:33:20

広告を非表示にするには