くちづけ('57) 作品情報

くちづけ

特異な環境におかれた男女を描く異色作

欽一と章子とが知合ったのは小菅の拘置所であった。欽一の父は選挙違反で、章子の父は汚職で拘置されているのだ。--その日、欽一は友人に借りたオートバイに章子を乗せ、海岸に突走った。水着をつけた章子をみて、欽一はがく然とした。裸になった彼女は、もう完全に成熟した肉体の持主だった。二人は海浜で思う存分遊んだ。夕闇が迫ってダンスパーティが始まった。ハイボールを飲んで陽気になった二人はお互いに抱き合うように踊っていたが、欽一は章子の友人と称する大沢にいんねんをつけられて乱闘となったが、章子に強引に外へ引張り出された。自分のために欽一が喧嘩した、ということは章子にとって大きなショックであった。その翌朝、章子は母が入院している病院に行ったが入院料を請求され、しかも父の保釈金のこともあり、切破つまって自分の肉体を日頃言い寄っている大沢に売る決心をした。そして、大沢に会うと十万円の借金を申込みその夜金と引換えに自分の体を与える契約をした。その足で章子は欽一を尋ねたが会えず「昨日は楽しい夜でした。

「くちづけ('57)」の解説

特異な環境におかれた若い男女の行動を描く異色作。“オール読物”所載の川口松太郎の原作を、「とんちんかん 八百八町」の舟橋和郎が脚色、イタリア国立映画研究所に留学、故溝口健二、市川崑に師事した増村保造が第一回の監督に当った。撮影は「慕情の河」の小原譲治。主演は「永すぎた春」の川口浩、「体の中を風が吹く」の野添ひとみ、の二人を中心に、三益愛子、小沢栄太郎、見明凡太朗などのベテラン陣。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督増村保造
出演川口浩 小沢栄太郎 三益愛子 野添ひとみ 村瀬幸子
制作国 日本(1957)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「くちづけ('57)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-16 00:01:07

広告を非表示にするには