野良猫ロック マシンアニマル 作品情報

のらねころっくましんあにまる

野良猫ロック・シリーズ四作目

横浜の港に背を向けた無数の町の一角に、マヤという少女の率いる不良少女グループと佐倉が率いる「ドラゴン」と異名をとる不良グループが群れをなしていた。ある日一台のオンボロワゴンがこの町に到着した。ノボ、サブ、チャーリーの三人で、米軍の脱走兵であるチャーリーをスウェーデンに逃がすため、船のでる横浜に、岩国の基地からやって来たのである。この奇妙な三人組に目をつけたマヤは、いつもの調子でさぐりを入れ、五百錠という大量のLSDを持っていることを知るとこれを奪ったが、LSDを売った金でチャーリーの逃亡資金にすると聞かされ、LSDを返すことを約束した。その上、薬をさばく手伝いまですると申し込れた。

「野良猫ロック マシンアニマル」の解説

脚本は「大幹部 ケリをつけろ」の中西隆三。監督は「野良猫ロック セックス・ハンター」の長谷部安春、撮影は「ハレンチ学園 タックルキッスの巻」の山崎善弘がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督長谷部安春
出演梶芽衣子 高野沙理 大橋由香 黒沢のり子 市川魔胡
制作国 日本(1970)

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「野良猫ロック マシンアニマル」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-04-14 19:15:48

広告を非表示にするには