ドラゴンボールZ 神と神 作品情報

どらごんぼーるぜっとかみとかみ

サイヤ人たちが破壊神ビルスに立ち向かう!

ドラゴンボールZ 神と神のイメージ画像1
ドラゴンボールZ 神と神のイメージ画像2

魔人ブウとの壮絶な戦いの後、孫悟空は界王星にいた。ある日、全宇宙のバランスを保つ破壊の神・ビルスが目覚めたという知らせが界王に届く。気に障る事があると破壊の限りを尽くすビルスは界王や界王神からも畏れられていた。退屈した彼はフリーザを倒したサイヤ人がいるという噂を聞きつけ、界王星にやって来る。しかし悟空は簡単にビルスにやられてしまった。さらに強い敵を求めて、ビルスは地球にいるベジータの元へ向かう…。

「ドラゴンボールZ 神と神」の解説

ハリウッド映画にもなった大人気コミック「ドラゴンボール」。この作品が17年ぶりにアニメ映画化された。しかも、原作者の鳥山明がストーリー作りからキャラクターデザインまで参加。まさに「ドラゴンボール」のエッセンスが詰まった楽しい作品となっている。鳥山明がデザインした新キャラクター、破壊神ビルスの他、ベジータ、悟飯、悟天、トランクスにピッコロ、ブルマ、亀仙人といったおなじみのキャラクターが勢揃いしているのもファンにはうれしいところだろう。物語の鍵を握る破壊神ビルス役で山寺宏一が、ビルスの側近・ウイス役で森田成一が声優として参加しているのにも注目。監督は「デジモン」シリーズなどの演出を手がける細田雅弘。

ドラゴンボールZ 神と神のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年3月30日
キャスト 監督細田雅弘
原作・ストーリー・キャラクターデザイン鳥山明
声の出演野沢雅子 山寺宏一 森田成一 佐藤正治 鶴ひろみ 田中真弓 堀川りょう 古川登志夫 古谷徹 緑川光 草尾毅 八奈見乗児
配給 東映
制作国 日本(2013)
上映時間 85分

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2013ドラゴンボールZ」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.56点★★★★☆、9件の投稿があります。

P.N.「真浦塚真也」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2014-12-27

今までのドラゴンボールの映画シリーズに比べると、だいぶ質が良く、「ちゃんと」作った感があった。

最終更新日:2019-10-17 11:55:47

広告を非表示にするには