水で書かれた物語 作品情報

みずでかかれたものがたり

石坂洋次郎の小説を吉田喜重が監督した作品

松谷静雄は美しい母静香と二人暮しの平凡なサラリーマン。だがこの平凡な静雄の性格は、どこか孤独で内向的な様子であった。それはあまりにも美しい静香にまつわる忌しい秘密でもあった。静香と静雄の父高雄との結婚は不幸であった。病院暮しの多い高雄との生活を静香は一人で支えていた。だが静雄が静香と橋本伝蔵の関係を知ったのは、二人の噂が町に広まってからであった。静雄は高雄と比べて強健で自信に満ちた権力者伝蔵を憎んでも、不倫な母は憎めなかった。かえってそんな母に一種の魅力さえ感じていた。

「水で書かれた物語」の解説

石坂洋次郎の同名小説を「ちんころ海女っこ」の石堂淑朗と高良留美子、「日本脱出」の吉田喜重が共同で脚色、吉田喜重が監督した文芸もの。撮影は鈴木達夫。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督吉田喜重
出演岡田茉莉子 入川保則 岸田森 山形勲 浅丘ルリ子 益田愛子 加代キミ子
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「水で書かれた物語」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:11:21

広告を非表示にするには