SUSHI GIRL 作品情報

すしがーる

70年代ホラー映画風の狂気とヴァイオレンス

SUSHI GIRLのイメージ画像1
SUSHI GIRLのイメージ画像2

刑務所で6年間服役したフィッシュは、強盗を起こした他の仲間のことは一切口外せずひたすら沈黙し続けていた。彼が出所したその夜、4人の仲間たちに出迎えられ、自由になったことを祝うため出所祝いパーティが催された。ディナーテーブルにはなんと、美しい女性の裸の身体の上に寿司を並べた女体盛りが用意された。やがて男たちは行方のわからない盗品やら昔の因縁やらを巡って険悪になり、口論になり、フィッシュを拷問しはじめるのだった……。

「SUSHI GIRL」の解説

フィッシュは、6年間刑務所で過ごした後、出所祝いとして、4人の男たちにとある部屋に案内された。そこには、美しい裸の女性が横たわり寿司が盛られていた。しかし、それはもちろんただの祝いの場であるわけもなく……。監督は、ジョージ・A・ロメロ監督主催の短編ゾンビ映画コンテストにて、応募作300本以上の中から見事優秀賞に選ばれ、その名を知らしめた、今後注目の監督カーン・サクストン。『スター・ウォーズ』旧3部作の主人公でジェダイの騎士でもあるルーク・スカイウォーカー役で有名なマーク・ハミルのほか、『キャンディマン』のトニー・トッド、『ネバーエンディング・ストーリー』のノア・ハサウェイ、『ターミネーター2』のマイケル・ビーン、『マチェーテ』のダニー・トレホ、そして日本からは千葉真一など、たまらないキャストが大集結。特別な訓練を受け、危険な事態になっても部屋のあらゆる事を無視するように“器”としての役目をこなす“スシ・ガール”には、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』や『アリス・イン・ワンダーランド』などに出演するコートニー・パームが大抜擢された。(作品資料より)

SUSHI GIRLのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年12月22日
キャスト 監督・脚本カーン・サクストン
出演トニー・トッド ジェームズ・デュヴァル ノア・ハサウェイ アンディ・マッケンジー マーク・ハミル コートニー・パーム 千葉真一 ダニー・トレホ マイケル・ビーン
配給 アース・スター エンターテイメント
制作国 アメリカ(2012)
年齢制限 R-15
上映時間 98分

(C)2011 SUSHI GIRL FILMS

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「SUSHI GIRL」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-07-08 23:01:23

広告を非表示にするには