仲間たち 作品情報

なかまたち

柳瀬観が監督した青春もの

バスの車掌節子がトラックの運転手光弘と知りあったのは彼のトラックがエンコしたことからだった。東北の田舎から出て来た光弘は、どうしても節子が忘れられなかった。だがある日節子が中年の客にからまれているのを助けたことから若い二人は或る愛情を持つようになった。その晩光弘は節子を同村出身の親友和吉の餃子屋に案内した。和吉は前から節子を知っていて、秘かに思いを寄せていた。だが友達思いの和吉は二人の仲のよさを見てとるとなにもいわずにいるのだった。二人の楽しいデートが続いた。運転手の職が不安定なことを知った光弘は自分のトラックを持ちたいと思い今迄以上に働いた。彼の貯金はぐんぐん増したが疲労は激しかった。

「仲間たち」の解説

「川っ風野郎たち」の中島文博、「いつでも夢を」の吉田憲二が共同でシナリオを執筆、「虎の子作戦」の柳瀬観が監督した青春もの。撮影は「悪太郎」の峰重義。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督柳瀬観
出演浜田光夫 松原智恵子 舟木一夫 松尾嘉代
制作国 日本(1964)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「仲間たち」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-15 11:09:00

広告を非表示にするには