スクリーンで観る高座 シネマ落語&ドキュメンタリー「映画 立川談志」 作品情報

すくりーんでみるこうざしねまらくごどきゅめんたりーえいがたてかわだんし

伝統を現代へ!立川談志の遺した珠玉の名作

スクリーンで観る高座 シネマ落語&ドキュメンタリー「映画 立川談志」のイメージ画像1

平成23年11月21日、稀代の天才落語家が亡くなってから早一年。“伝統を現代へ”の精神を後世に伝えるべく、立川談志の遺した珠玉の名作をスクリーンで上映。落語は「人間の業の肯定」、「イリュージョン」、「江戸の風が吹く」など独自の落語哲学で、落語界に多大なる影響を与えた立川談志の高座を、一周忌に合わせて映画館で上映する。上映演目は、イリュージョン落語の代名詞『やかん』(2005年10月12日 国立演芸場)と、談志十八番の一つに数えられる絶品『芝浜』(2006年12月2日 三鷹市公会堂)。どちらもDVD未収録となっている。至高の2席の上映前後に、未公開のドキュメンタリー映像を盛り込み、談志の落語哲学に迫る。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年1月12日
キャスト 監督加藤威史
ナレーション柄本明
出演立川談志
配給 松竹
制作国 日本(2012)

(C)「映画 立川談志」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「スクリーンで観る高座 シネマ落語&ドキュメンタリー「映画 立川談志」」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-14 09:28:17

広告を非表示にするには