美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう/足立正生 作品情報

びがわたしたちのけつだんをいっそうつよめたのだろうあだちまさお

足立正生、自らの過去を振り返り語る

美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう/足立正生のイメージ画像1
美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう/足立正生のイメージ画像2

足立正生は、1960年代に若松孝二の若松プロに参加し、『堕胎』『略称・連続射殺魔』『赤軍-PFLP・世界戦争宣言』などを監督。その後、日本赤軍として国際指名手配されレバノンで逮捕勾留後、日本に強制送還された。2007年、日本赤軍メンバーの岡本公三をモデルにした『幽閉者 テロリスト』を35年ぶりに監督している。本作では、そんな足立正生が語る映画と革命についての言葉を、フィリップ・グランドリュー監督が撮影する独特の詩的映像に定着させることに成功した。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年12月1日
キャスト 監督・撮影・編集・音響フィリップ・グランドリュー
出演足立正生 小野沢稔彦
配給 アップリンク
制作国 フランス(2011)
上映時間 74分
美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう/足立正生のイメージ画像3

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう/足立正生」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:10:21

広告を非表示にするには