肖像 作品情報

しょうぞう

黒澤明が脚本を書き木下恵介が監督した作品

ミドリは若いお妾であった。その旦那の金子は家屋売買のブローカーで、商売友達の玉井と二人で、格安なアトリエつきの家を買った。だがその家には老画家の野村一家ががんばっている。金子も玉井もこれには手こずったが結局野村が二階の一間をあけるというので、野村を追い出す算段のため金子がその室に入ることになった。引越しの日、ミドリはふてくされていたが、意外にも野村一家の人たちから「お嬢さん」として迎えられ、やむなく金子とミドリは父娘として住みこんでしまう。下のアトリエに住む野村一家とは野村画伯とその細君、明るい娘陽子、まだ復員しないせがれ一郎の妻久美子とその子英一たちで、だれもかれも今の世にめずらしい善人であった。

「肖像」の解説

製作は「誘惑(1948)」「女」「わが生涯のかがやける日」の小倉武志で、東宝の「酔いどれ天使」の脚本(植草圭之助と協同)及び演出をした黒澤明が脚本を書き「女」につぐ木下恵介が監督する。撮影も「女」の楠田浩之が担当する。主演は「秘密(1948)」の井川邦子、小沢栄太郎でそれに「面影」(東宝)の菅井一郎、「富士山頂(1948)」(新東宝)の三宅邦子「不死鳥」「旅裝」の佐田啓二、ニューフェイスの桂木洋子が第一回出演する。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督木下惠介
出演井川邦子 小沢栄太郎 藤原釜足 菅井一郎 東山千栄子
制作国 日本(1948)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「肖像」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-12-04 14:52:36

広告を非表示にするには