女探偵物語 女性SOS 作品情報

おんなたんていものがたりじょせいえすおーえす

中山保江の女探偵の手記を映画化

帝国秘密探偵社に勤務するベテラン女探偵小川信江は、富豪令嬢西条みどりの結婚相手の素行調査を依頼された。みどりがスキー場で知り合った岩田洋一郎と結婚したいといいだしたので、母の綾子が探偵社に頼んだのだった。信江はみどりの姉と称して、洋一郎の勤務先やクラスメートの石黒から聞いたところでは、洋一郎は粗野で評判はよくなかった。たまたま大学の構内で、やはり洋一郎の調査を依頼された興信所の山本に会った。山本から情報を交換しようといわれて、信江は洋一郎の許婚者だといってしまった。相棒の木下とレストランに入った信江は、傍に洋一郎が盛装をした紳士と一緒にいるのを見た。その帰り、ダンスホールに二人は寄った。

「女探偵物語 女性SOS」の解説

中山保江の女探偵の手記を映画化したもので、「ドジを踏むな」の若尾徳平が脚色、「奴が殺人者だ」の丸林久信が監督、「密告者は誰か」の山田一夫が撮影した。「密告者は誰か」の白川由美をはじめ、佐原健二・中田康子・平田昭彦・峯京子などが出演する。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督丸林久信
出演白川由美 佐原健二 小沢栄太郎 林幹 一の宮あつ子
制作国 日本(1958)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「女探偵物語 女性SOS」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:09:29

広告を非表示にするには