兄貴の恋人 作品情報

あにきのこいびと

「首」の森谷司郎が監督した青春もの

女子大生の節子は、兄の鉄平のことになると箸の上げ下しにまで口を出す。だから、鉄平に縁談がおきると、本人よりも目の色を変え、結局、相手に散々ケチをつけてぶちこわしてしまうのだった。そんなある日、商事会社に勤める鉄平は、辞職する女子社員の和子の送別会に、プレゼントのブローチを買ったのだが、麻雀に誘われて和子に手渡すのを忘れてしまった。和子の代りに転属されてきた久美は節子の友だちで、節子は鉄平の動静を逐一、知ることができた。酔っばらいにからまれていたのを鉄平が救った美人、京子のことも、鉄平を好いているバーのマダム玲子のことも、節子には筒抜けだった。しかし、彼女は兄との仲が急速に進んでいる女性緑のことは知らなかった。偶然、プールで仲良く泳ぐ鉄平と緑を見た節子は、緑に対して初めて女の嫉妬を感じた。

「兄貴の恋人」の解説

「女と味噌汁」の井手俊郎がシナリオを執筆し、「首」の森谷司郎が監督した青春もの。撮影は「ゴー!ゴー!若大将」の斎藤孝雄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森谷司郎
出演加山雄三 内藤洋子 宮口精二 沢村貞子 酒井和歌子 江原達怡
制作国 日本(1968)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「兄貴の恋人」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-04-22 00:01:59

広告を非表示にするには