プンサンケ 作品情報

ぷんさんけ

南北分断の不条理を浮かび上がらせる作品

プンサンケのイメージ画像1
プンサンケのイメージ画像2

38度線を越えてソウルとピョンヤンを行き来し、3時間以内に何でも配達するという謎の男がいた。ある時、男は韓国に亡命した北朝鮮の高官の恋人イノクを連れてくるという依頼を受ける。連れ帰る途中で命の危険にさらされるうち、男とイノクの間に言い知れぬ感情が生まれてくる。イノクを引き渡した男だが、依頼者である韓国情報員たちの裏切りに遭う。そして北の工作員も、男の存在に気づき始めていた。

「プンサンケ」の解説

並外れた身体能力を持つ、素性も名前も一切不明な謎の男。彼が運ぶのは、分断された家族の手紙やビデオレターだ。いつも北朝鮮のタバコ「豊山犬(プンサンケ)」を吸っている事から、彼を「プンサンケ」と呼ぶ者もいる。南北双方の厳重な監視下に置かれている38度線をすり抜けてくる方法はユニークなもの。ほとんどセリフがない主人公を際立たせるためか、周囲のキャラはみな多弁でアクが強い。しかしそれが功を奏し、「プンサンケ」から目が離せなくなる。製作・脚本は韓国映画界の鬼才キム・ギドク。監督はそのギドクの下で助監督を務め、ギドクの製作による『ビューティフル』で監督デビューしたチョン・ジェホン。しかし作風はギドクとは異なり、社会派ながらもエンタテインメント性が強い。

プンサンケのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年8月18日
キャスト 監督チョン・ジェホン
製作総指揮キム・ギドク 豊山犬スタッフ
出演ユン・ゲサン キム・ギュリ キム・ジョンス
配給 太秦
制作国 韓国(2011)
年齢制限 R-15
上映時間 121分

(C)2011 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「プンサンケ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-05-12 23:54:23

広告を非表示にするには