女の座 作品情報

おんなのざ

成瀬巳喜男が監督した家庭劇

秋晴れのある日、バスから降りた松代が石川屋という荒物店に駆け込んだ。父金次郎の枕元には家族一同がほっとした面持ちで坐っていた。一時はあやぶまれた金次郎も、どうやら持ち直したのだ。松代は先妻の長女で、年下の夫良吉とアパートを経営しているが、その夫は下宿人と逃げてしまった。

「女の座」の解説

「ベビーギャングとお姐ちゃん」の井手俊郎と「二人の息子」の松山善三が共同で脚本を執筆、「妻として女として」の成瀬巳喜男が監督した家庭劇。撮影もコンビの安本淳。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督成瀬巳喜男
出演笠智衆 杉村春子 高峰秀子 大沢健三郎 草笛光子 司葉子 星由里子
制作国 日本(1962)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「女の座」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-08-21 11:47:01

広告を非表示にするには