ずべ公番長 東京流れ者 作品情報

ずべこうばんちょうとうきょうながれもの

“女番長”シリーズ2作目

2年前、新宿で大暴れして赤城学園に逆もどりした影山リカは出所して、真面目に生活しようと小さな町工場で働いていたが、ミスが多すぎてクビにされてしまった。古巣新宿に戻ったリカは学園の大先輩、ガセ寅一家の女親分お蘭の身内になった。そこで学園を出所して間のないマリ、長子、ツナオらに再会する。一方新興ヤクザでキャバレー・ブラックジャックの社長黒江は、錦糸町を縄張りとする錦元組をバックに、ガセ寅一家の金看板の横取りをたくらんでいた。

「ずべ公番長 東京流れ者」の解説

「ずべ公番長 夢は夜ひらく」に続く、シリーズ二作目。脚本は「ずべ公番長 夢は夜ひらく」の宮下教雄。監督は脚本にも参加している山口和彦。撮影は「経験」の中島芳男がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督山口和彦
出演大信田礼子 橘ますみ 賀川雪絵 集三枝子 佐々木梨里
制作国 日本(1970)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ずべ公番長 東京流れ者」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:08:09

広告を非表示にするには