私は二歳 作品情報

わたしはにさい

市川崑が監督した子供の物語

太郎くん(〇歳→二歳)は都内の団地に住むサラリーマン夫婦、小川五郎と千代の一人息子として生まれました。両親は太郎くんを育てるのに毎日毎夜真剣でした。太郎くんが笑ったといっては喜び、蟹のように一歩一歩あるいたといっては歓声をあげ、団地の階段を高いところまで這い上がったといっては仰天する両親なのです。とにかく両親は太郎くんを眼の中へ入れても痛くないほどかわいくて仕方ありません。だが、両親のそんなかわいがり方は、太郎くんにとって嬉しいのかどうか……。案外、その小さな胸中で迷惑がっているかもしれないのです。大人たちに拘束されず、自分の体内に充満している生命の無限性を動作によって発散させたいのかも分らないのです。ある日、太郎くんは転居によって新しい家族に祖母をくわえ、郊外の平屋に住むことになりました。

「私は二歳」の解説

松田道雄著「私は二歳」「私は赤ちゃん」より「破戒(1962)」のコンビ和田夏十が脚色、市川崑が監督した子供の物語。撮影は「鯨神」の小林節雄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督市川崑
出演鈴木博雄 船越英二 山本富士子 浦辺粂子 渡辺美佐子 京塚昌子
制作国 日本(1962)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-04-24

スター・チャンネルでジョエル・コーエン監督ニコラス・ケイジ主演の映画〈赤ちゃん泥棒〉を視ていたら冒頭シーンで赤ちゃんが自由奔放で可愛くて想わず昔見たモノクロの本編を思い出した…。上記の作品はコメデイだから赤ちゃんに寄り添ってハートフルな本編のタッチと違い、赤ちゃんそのものはどちらかと云うと狂言回し何だろうけどー。

最終更新日:2018-11-17 00:02:03

広告を非表示にするには