未来の想い出 Last Christmas 作品情報

みらいのおもいでらすとくりすます

3度も人生をやり直すことになった2人を描く

1981年。夢見た一流漫画家を目指す納戸遊子であったが、せっかくの力作もライバルの漫画家とアイディアが似ているせいでボツ。うだつのあがらないまま10年の歳月が流れた91年のクリスマスの夜、寂しげに銀座の街を歩く遊子は占いの卓を出している金江銀子に呼びとめられた。彼女はデザイナーの倉美に憧れるものの、結局証券マンの杉田に口説かれ結婚。退屈な日々を送り、何の目的もなく占い師のアルバイトをしていたのであった。意気投合した2人はお互いの身の上を語り合い別れるが、翌日出版社のコンペでホールイン・ワンを出した遊子は、その場に倒れ息を引き取ってしまった。そして遊子の葬儀の夜、銀子も命を落としてしまう。遊子が目をさますとそこは10年前の世界だった。

「未来の想い出 Last Christmas」の解説

3度も人生をやり直すことになった2人の女性の恋と夢の行方を描くファンタジー。監督・脚本は「おいしい結婚」の森田芳光、撮影は「夜逃げ屋本舗」の前田米造がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森田芳光
出演工藤静香 清水美砂 デビット伊東 和泉元彌
制作国 日本(1992)

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「未来の想い出 Last Christmas」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-05-12 23:54:23

広告を非表示にするには