次郎長三国志 第九部 荒神山 作品情報

じろちょうさんごくしだいきゅうぶこうじんやま

村上元三の原作を映画化したシリーズ第九部

伊勢国鈴鹿郡荒神山。それは神戸の長吉が親の代から譲られた繩張だったが、今年の祭礼には神戸の安濃徳が賭場を開くという。争いを嫌う長吉は吉良の仁吉に相談を持掛けた。その頃仁吉の家の二階には石松の仇、都田三兄弟を狙う清水一家の面々が草鞋を脱いでいた。仁吉の女房お米は仁吉に繩張りを譲った吉良の馬之助の娘だが、ヤクザ稼業を好いていなかった。お米に言われるまでもなく、仁吉は話を丸く治めようと清水の一同と神戸に向った。途中出会った女こそ、仁吉の昔の許婚お菊で、仁吉がヤクザになった為離れていった女だった。

「次郎長三国志 第九部 荒神山」の解説

村上元三の原作をマキノ雅弘が監督した次郎長三国志シリーズ第九部。本作は前後篇に分けて封切りされた。従って第一部『次郎長売出す』以来三年越しの本シリーズもこの後篇第十部をもってここに完結する。キャストはほとんど引き継がれているが、若原雅夫、角梨枝子、岡田茉莉子等が新しく登場する。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督マキノ雅弘
出演若原雅夫 千秋実 小堀明男 河津清三郎 水島道太郎
制作国 日本(1954)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「次郎長三国志 第九部 荒神山」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:07:28

広告を非表示にするには