密航0ライン 作品情報

みっこうぜろらいん

横山保朗の脚本を、「けものの眠り」の鈴木清順が監督した、国際密輸組織をめぐるアクション・ドラマ

戦後最大の国際密輸組織“香港-東京0ライン”の謎にいどむ二人の青年記者、極東新聞の香取と日東新聞の仁科は親友ながら激しく競り合っていた。ある夜、麻薬密売ルートに警視庁の手入れ。駆けつけた仁科は、そこに香取を見つけたが、逮捕された密売人の中に香取と同じ学友の佐伯を見てハッとした。佐伯は「香取おぼえていろ!」と叫んで舌をかみ切って自殺した。香取は佐伯の妹玲子に近づき密輸ルートを探り出したのだが、二人を裏切り警察にバラしスクープしたのだ。

「密航0ライン」の解説

撮影は「君は狙われている」の峰重義と「トップ屋取材帖 消えた弾痕」の中尾利太郎が共同で担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督鈴木清順
出演長門裕之 清水まゆみ 小高雄二 中原早苗 永井智雄 木浦佑三 高品格
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「密航0ライン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-15 00:01:49

広告を非表示にするには