不良番長 暴走バギー団 作品情報

ふりょうばんちょうぼうそうばぎーだん

「不良番長」シリーズ第9作

集団万引事件の犯人に間違えられ、留置所入りしていたカポネ団の面々は、釈放されると、新宿にあるモデル住宅を根城にガセネタのテキヤ商売を始めるが、そこを縄張りとする暴力団拓心会の機ヤリが入って失敗。なんとか再起を計ろうと考えついたのが当られ屋。大日本ムチ打ち協会なるものを設立させ、事故後の補償金をせしめては儲けていたが、五郎はホンモノのムチ打ちになり入院する始末。この商売にみきりをつけた神坂は、次に「東都畜犬協会」なるものを設立し、野良犬を集めては血統書付きの名犬に仕立てて、ホステスや奥様族に売りつけてボロ儲けをしていたが、これも拓心会の横車にあってやめざるをえなくなった。

「不良番長 暴走バギー団」の解説

「不良番長 出たとこ勝負」に続く不良番長シリーズ、第9作目。脚本は、「不良番長 出たとこ勝負」の山本英明と松本功、監督も同作の内藤誠。撮影は「戦後秘話 宝石略奪」の山沢義一がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督内藤誠
出演梅宮辰夫 谷隼人 山城新伍 植田峻 鈴木ヤスシ 砂塚秀夫 カルーセル麻紀 永原和子 島崎京子 山田桂子
制作国 日本(1970)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「不良番長 暴走バギー団」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:05:58

広告を非表示にするには