ジョージ・ハリスン リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド 作品情報

じょーじはりすんりう゛ぃんぐいんざまてりあるわーるど

音楽と共に生きたジョージ・ハリスン58年の人生の軌跡をスコッセシが描いたドキュメンタリー

1943年2月25日イギリス、リヴァプールに居を構えるハリスン家に一人の男のが生まれた。ジョージと名付けれた男の子は、やがてロックに目覚めギターを手にし、ポール・マッカートニーと出会い、ポールとジョン・レノンが組んでいたバンド「クオリーメン」に参加する。このバンドはザ・ビートルズと名を変え、世界へと羽ばたき世界中の若者を熱狂させ虜にしていく。そして、ビートルズ在籍時にインドのラヴィ・シャンカールとと出会いスピルチュアルな世界へと開眼していく。ビートルズ解散後、バンドから解放されたジョージは、自分の人生を哲学的に究め、独自の音楽を紡ぎだしていく。

「ジョージ・ハリスン リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」の解説

ビートルズのリード・ギタリストから、ユニバーサルな音楽世界へと飛躍していったジョージ・ハリスン。音楽と共に生きた彼の58年の人生の軌跡を、貴重な未公開映像や未発表音源、彼を取り巻く多くの仲間たちのインタビューによって辿りながら、彼が切り拓いた壮大な音楽世界を描いた上映時間3時間半に及ぶ音楽ドキュメンタリー。監督はこれまでにもザ・バンド、ボブ・ディラン、ローリング・ストーンズ等のドキュメンタリーを手掛けてきた音楽に造形の深いマーティン・スコセッシ。「ヒア・カムズ・ザ・サン」、「マイ・スウィート・ロード」、「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」…数々の名曲が至福の時間をもたらしてくれる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年11月19日
キャスト 監督マーティン・スコセッシ
出演ジョージ・ハリスン アストリット・キルヒヘア ダニー・ハリスン エリック・クラプトン エリック・アイドル ジョージ・マーティン ハリー・ハリスン オノ・ヨーコ
配給 角川映画
制作国 アメリカ(2011)

(C)2011 GROVE STREET PRODUCTIONS LIMITED.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ジョージ・ハリスン リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-23 00:01:58

広告を非表示にするには