危険な英雄 作品情報

きけんなえいゆう

誘拐事件をタネに一勝負を挑む青年記者の生き方を衝く異色ドラマ

三原準之助の長男健司が帰校の途中、何者かに誘拐された。「明朝十時、渋谷東宝前に百万円持参せよ、警察に届ければ命は保証しない」の脅迫文をもって警察を訪れた健司の姉葉子が小野塚捜査主任と会うのを見たサツ回りの記者、今村は二人の問答を窓下で聞き、思わぬ特ダネに雀躍りした。今村は、小野塚主任に単刀直入、事件の核心をついた質問を浴びせたが、主任は明朝犯人を逮捕するまで少年の命のために発表を待ってくれと懇願した。

「危険な英雄」の解説

助監督の須川栄三のオリジナル・シナリオを「警視庁物語 白昼魔」の長谷川公之が潤色し、「目白三平物語 うちの女房」の鈴木英夫が監督した。撮影は「雨情」の中井朝一。主演は「婚約指輪」の石原慎太郎、「忘却の花びら (完結篇)」の司葉子。ほかに「あらくれ(1957)」の仲代達矢、「わが胸に虹は消えず (二部作)」の伊藤久哉、「柳生武芸帳(1957)」の三船敏郎、それに志村喬、小沢栄太郎、岸輝子など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督鈴木英夫
出演石原慎太郎 小沢栄太郎 多々良純 佐田豊 司葉子
制作国 日本(1957)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「危険な英雄」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-06-25 00:01:19

広告を非表示にするには