がんばっぺ フラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~ 作品情報

がんばっぺふらがーるふくしまにいきるかのじょたちのいま

日本のエネルギー政策に翻弄されてきた街「いわき」で、楽園をもう一度つくる人たちの物語

がんばっぺ フラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~のイメージ画像1
がんばっぺ フラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~のイメージ画像2

1966年、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)が誕生。国家エネルギー政策の主軸が石炭から石油に移りゆく中で、廃れる一方の街を再生させたのは、炭鉱娘たちとそこに住む人びと、そして、炭鉱という危険の伴う共同作業の暮らしに自然と根付いていた“同じ山で働く者たちが皆で苦難を乗り越える”「一山一家」のスピリットだった。彼らが寒冷の地に作り上げた巨大な楽園が、地元のピンチを救ったのだ。2006年に公開された映画『フラガール』でもすっかりお馴染みとなった、この設立のエピソードから45年。東日本大震災により、いわき市は再び危機に直面していた。

「がんばっぺ フラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~」の解説

2011年3月11日に発生した東日本大震災により甚大な被害を受けた福島県いわき市。地震、津波、原発事故、風評被害の四重苦にあえぐこの地で、東北のハワイとして長い間親しまれてきた大型レジャー施設・スパリゾートハワイアンズが、開業前年に行ったフラガールたちによる全国キャラバンを46年ぶりに復活させた。避難住民に一部施設を提供しながら、スパリゾートハワイアンズは営業再開に向けて動き出す。自らが被災しながらも、踊り続けることを決意し「フラガール 全国きずなキャラバン」へと向かう、現代のフラガールたち。あの時のように、笑顔で踊ろう。「一山一家」から「一国一家」へ。見すえる先は山を越え、彼女たちは、すでに復興への“次なる大きな一歩”を踏み出していた。本作は、その道のりを4ヶ月にわたり追い続けたドキュメンタリーである。

がんばっぺ フラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年10月29日
キャスト 監督小林正樹
出演スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム
ナレーション蒼井優
配給 アスミック・エース/ジェイ・シネカノン
制作国 日本(2011)

(C)「がんばっぺ フラガール!」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「がんばっぺ フラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:05:39

広告を非表示にするには