この二人に幸あれ 作品情報

このふたりにさちあれ

職場恋愛に結ばれた若い二人が描く幸福の設計図

若尾久夫は海運会社の一サラリーマンだが、支店長から娘を嫁にと言われた時、将来を約束する最後の機会と思った。しかし彼には同じ会社に勤める清水雅子という心に決めた女性があった。翌日、久夫は雅子に自分の気持を打明けたが、彼女も同じ気持と知り支店長の話はキッパリ断った。だが以後、雅子が会社に現われないのが気がかり。彼女の父は昔気質で、姉千津子が家出の上、音楽家丸山俊夫と結婚してから雅子に大きな望みをかけていた。雅子は姉夫婦と相談の上、久夫の下宿を訪れ、二人の力で幸福を築こうと誓い合う。だが支店長の一物ある口ぶりから雅子の両親は結婚に反対、娘を監禁するが、雅子は遂に家を飛び出して久夫の許に走る。

「この二人に幸あれ」の解説

「山と川のある町」の松山善三のオリジナルシナリオから「空の大怪獣 ラドン」の本多猪四郎が監督、新人小泉一が撮影を担当する。主な出演者は、「忘却の花びら」の小泉博、白川由美、「嵐の中の男」の三船敏郎、「おしゃべり社長」の津島恵子、「忘却の花びら」の志村喬、ほかに夏川静江、英百合子、藤原釜足、藤木悠など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督本多猪四郎
出演小泉博 白川由美 津島恵子 三船敏郎 志村喬 夏川静江 英百合子 藤原釜足
制作国 日本(1957)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「この二人に幸あれ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:05:22

広告を非表示にするには