かげろう侍 作品情報

かげろうざむらい

伊藤大輔の原作を松村正温が脚色、池広一夫が監督した推理時代劇

南町奉行所の同心喜多弥兵衛の息子弥十郎は、まだ部屋住みの身だが、酒と女とバクチに目がない道楽者。両替屋の娘でお珠という許婚がありながら揚子屋のお光とも逢曳きを楽しんでいる。こんな弥十郎に奉行所から呼び出しがあった。沼津藩のお家騒動にからむ奉行所の重要書類が虎鮫の寅吉という賊に盗まれたため、箱根を越えるまでに召し捕えて取り返せというのだ。お光への手切れ金ほしさに、弥十郎はこの大役を引き受けた。遊び人に変装した弥十郎は箱根山中に急行、福乃屋に泊った。長雨続きと山崩れで足止めをくった泊り客で超満員だが、犯人はこの中にいるにちがいない。

「かげろう侍」の解説

「反逆者」を監督した伊藤大輔の原作を「お馬は七十七万石」の松村正温が脚色。「小太刀を使う女」の池広一夫が監督した推理時代劇。撮影は「鯉名の銀平(1961)」の武田千吉郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督池広一夫
出演市川雷蔵 中村玉緒 浦路洋子 近藤美恵子 藤原礼子 島田竜三
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「かげろう侍」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:04:57

広告を非表示にするには